首页 >育儿

湖北工业大学2007年考研日语试题四

2019-04-08 22:45:48 | 来源: 育儿

湖北工业大学2007年考研日语试题(四)

2)一人の子供の話です.仕事で疲れきって、家ではごろごろしてテレビばかりを見ている父親はあまり存在感がない、まるで透明人間みたいだ、という子の文章がありました.①これではいけない、子供たちに、父親が働いている姿を見せたらどうか.そういう意見もあって、ある母親は子供を連れて、父親が働く工場へ行くのです.

問1:①「これではいけない」の「これ」は、何を指すか.

1.1人の子供の話のこと

2.父親は仕事で疲れきって、家ではごろごろしてテレビばかりを見ていること

3.父親はあまり存在感がない、まるで透明人間みたいだということ

4.父親が働いている姿のこと.

問2:「そういう意見」とは、どんな意見か.

1.子供たちに父親が働いている姿を見せたらどうかという意見.

2.家ではごろごろしてテレビばかりを見ている父親の様子を見せたらどうかという意見

3.子供を連れて父親が働く工場へいったらどうかという意見

4.これではいけないと、子供たちに教えたらどうかという意見.

3)第二次世界大戦後、日本人の生活は大きく変化した.洋服を着るようになったのもその1つの例である.

日本人が洋服を着始めたのは、明治時代である.同時も、軍隊や警察の制服は洋服であったが、普通の人々はまだ、着物を着ていた.特に女性は、着物の人が多かった.その後、洋服を着る女の人は少しずつ殖えていったが、昭和の初めに行われた調査の結果でも、洋服を着ている女性は、二割ぐらいしかいなかった.ほとんどの人が洋服を着るようになったのは、戦後である.現在は、老人でも、ふだん着物を着る人は少なくなった.

着物は、大変美しいが、着るのに時間がかかるし、動きにくい.特に、階段を上がったり、自転車に乗ったりスポーツをしたりするとき、不便である.しかし、洋服は着たり脱いだりするのも簡単だし、動きやすい.それで、洋服を着る人が増えてきたのである.

明治時代に日本に入ってきた洋服は、このように、百年ぐらいの間に日本人の生活に欠かせないものになった.そして、着る人の少なくなった着物は、正月や成人式、結婚式など、特別な時にだけ着るものに変わった.

[質問]:浏览上文,下面符合文章内容的在答题纸上划“○”,不符合的划“×”.

1.日本人は明治時代から洋服を着ています.

2.日本人の生活が大戦前から大きく変化しました.

3.現在はふだん着物を着ている人はいなくなった.

4.明治時代、軍隊や警察の制服は洋服でした.

5.昭和の初めの調査の結果によれば、洋服の女性は今と比べてずいぶん多かった.

6.戦後になると、ほとんどの人が洋服を着るようになりました.

7.現在はふだん着物を着ている人は数少ない老人です.

8.いまでは、洋服は日本人の生活にとって、あってもなくてもいいものになりました.

[1][2][3][4]

宝宝便秘怎么办
孩子便秘拉不出来怎么办
婴儿便秘的解决方法

猜你喜欢